審美歯科で歯の見た目を変えよう|セラミック法で自然な歯

歯科用CTでチェック

インプラント

インプラント治療は歯を補う方法として人気を集めている方法です。どのような工程で治療が行われるか把握しておくと大阪の歯科に訪れた際にもスムーズに治療を行うことができます。まず、大阪の歯科ではインプラント治療を行うために精密検査を行うことになります。精密検査では歯科用CTなどを活用して歯の状況をチェックして、どこにインプラントを埋め込むのか骨格や骨の太さなどをより細かく見ていきます。この検査を行うことにより、その人にあった最適で安全な施術を受けることになります。検査を行ったあと、インプラント治療にどのくらいの時間がかかるのか、大阪の歯科から詳しい説明があるためしっかりと確かめておくことが大切です。

そのあと、一次手術を行うことになります。一次手術ではインプラントを埋め込む治療を行います。インプラントを埋め込むためには歯茎を切開する必要があるため、少し時間がかかりますが入院の必要はありません。一次手術が終わったあと、インプラントが骨にしっかりと埋め込まれるまで少し時間をおきます。この際に、消毒なども行って口の中の衛生を保ちます。そのあと、大阪の歯科で第二手術を行います。第二手術では、アバットメントという人工歯を取り付けるために必要な部分をインプラントに取り付けることになります。これにも多少時間はかかります。そのあと、大阪の歯科で人工歯をとりつけることになります。人工歯には沢山の種類があるため、自分の希望する人工歯を用意してもらうといいでしょう。